東京に住んでいる全ての大人がかっこいいと思っていた、あの頃の話。

薄いカシオレが飲みたい。

カシオレが好きなわけではないのだけど、ふと飲みたくなる感情が湧いてくることはある。

99%牛乳のカルーアミルクも。

 

 

当時新しく大学生になった私は、サークルの新歓で何のお酒を飲めばいいか分からなかった。

先輩に聞いたら、とりあえずカクテルを飲めばいいらしい。

 

お酒を飲んだことがなかった私はみんなと同じカクテルを頼み、恐る恐る飲んだ。

ジュースと何が違うのか、分からなかった。

 

でも日本酒はくそみたいにまずかった。

もちろん罰ゲームでしか飲まなかった。

 

今思えばそれは当然のことで…

私たちがよく行っていた居酒屋の飲み放題は、90分1,280円だった。

でもあの薄いカシオレの味だとか、くそまずい罰ゲームの日本酒の味は、大人になってから飲んでみるとエモい飲み物に変身する。

 

私が通っていた大学は周辺に林や海しかなくて、バスで20分のところに最寄り駅があった。

だからうちの大学の学生は、みんな行く居酒屋は大体一緒だった。

 

雰囲気もお酒の味も良くはなかったけど、お酒が飲めればよかった。

みんなそうだった。

 

もう何を話していたかなんて覚えていないけど、サークルの中での推しは誰だとか、誰と誰が付き合ってて、どの人が童貞だとか、そんな類の話をしていたと思う。

 

サークル全体の飲み会は先輩みんなに乾杯をしに行って、酔いがいい感じになってきたら、自然とテーブルを移動して色んな人と話した。

 

”大学生ってこんな感じなんだ!”って、自分が「大学生」をしていることが楽しかった。

今も”OLってこんな感じなんだ!”って「OL」を楽しんでいるから、そこら辺は相変わらず変わっていない。

 

大学生のときは特別何かを成し遂げたわけではないけど、真面目に授業を受けて、空きコマに恋バナをして、実習へ行って、サークルもバイトもそれなりに過ごした。

すごく楽しかったし、すげぇ青春だった。

 

でも現在あの頃に戻りたいかといえば、戻りたいとは思わない。

今から同じことをしたとしても、あの時みたいなキラキラは感じないと思うし、そんなに楽しくないと思うから。

なのにあの頃の思い出はすごく胸がギューっとなるのだから、この感情の構造はわからない。

 

「人生で1回くらい合コンしてみたくね?」と言って開催した合コンで、まんまと好きな人ができちゃったあの頃。

看護学科で勉強しているのに、「あー、私が看護師なったら人生詰むな。」と思っていたあの頃。

でも、東京にはすごく憧れを抱いていて、東京に住んでいる全ての大人がかっこいいと思っていたあの頃。

故郷の外の世界を知らなかった、あの頃。

 

そんな自分が存在していた時代が、なんか大好きなんだよな。

 

現在は26歳になって、ある一定の世界を見たことがある大人になった。

東京にいる人はすごく面白い人もいれば、全然かっこいいと思えない大人がいることも知った。

上京して出会ってきた大人に、「物事の本質をみなさい」と言われて育った。

 

そして、大人になってからの方が、知らないことに出会う機会が増えた。

自分がみていた世界は、私自身が勝手に創り出している世界でしかないということを学んだからかもしれない。

 

あの頃私が創り出していた世界もわるくないし、なんなら中身のない昔の日常が創り出した第二の青春は天晴れだと思う。

 

とりあえず死ぬために生きている限り、どんな生き方をしようと天晴れな人生になると思ってる。

だから今日みたいな、特に何もない日常って特別だったりするのかもしれない。

 

今日は、昨日の自分よりももうちょっと、頑張ってみることにするか。

「結婚は、3回くらいしたいと思ってる。」

彼女は真顔で言った。

 

確かに「結婚は1人の人と永遠に」が1番幸せになれるだなんて勝手に思っていたけど、そうでない場合もあるんだろうな。

 

もちろん1人の人と同じ幸せを育むのって、すごく幸せだと思ってる。

 

ただ思ったのは、自分でも知らないうちに決めつけている常識がまだまだ沢山あるなってことだ。

 

厄介なのが、自分でもそれを今まで生きてきた環境で自然にすり込まれた常識なのだと気付いていないことだ。

 

知らないうちにすり込まれた常識で、自分の幸せを決めてしまっているのが恐い。

 

だから私は色んな人にあって、色んな生き方を知って、自分の幸せを選択していきたい。

 

田舎で生まれたけど、ずっと村から出なかったら、自分の幸せは「大学に行って、看護師になって、それなりに旅行をして、素敵な旦那さんに幸せにしてもらう」ことだったと思う。

大学に行くことも、田舎で暮らすことも、看護師として働くことも、旦那さんに幸せにしてもらうことも、全部幸せの選択肢だと思う。

 

ただ、私の幸せは違う選択だと大人になって知った。

世界をまるで知らなかったから。

 

今はすでに看護師を辞めて、どうなるか分からない未来を生きているのが心地いい。

 

変化のない日常って、結構メンタルにくることも学んだ。

 

かといって、狂ったみたいに仕事が好きではないことも学んだ。

 

私は他の誰でもないから、「この人がこれで幸せだから、私も同じことをすれば幸せになれる!」なんてことはない。

 

その幸せを試行錯誤して探すことを、生きると言うのかもしれないなんて思った。

 

何でもいいけど。

 

ハンバーグに目玉焼きをのせて、食べた。お酒は飲まなかった。

真っ暗な世界をみたことがあるから、明るい世界に”色”があることに感動する。

だから、落ち込んだ日常も嫌いじゃない。

 

何故か今日は、会社帰りの電車に揺られながら涙が溢れてきた。

鬱とか、そういう類の涙ではない感じはした。

女の子の日は、もう過ぎたんだけどな。

 

確かに心がなんとなく曇っているような気もするし、人間だから数えてみれば心がちょっとブルーになる出来事もいくつかある。

 

電車で泣いたことは何回もあるなー。

私って泣き虫なんだなー。

遠くにいる好きな人に会いに行って、夜行バスで帰るシーンでは何回泣いたんだろう。

 

なんて、さすがに家に帰るまで号泣しないように、今この瞬間から意識をそらした。

 

本当は外に走りに行きたかったけれど、この目に見えない悲しみに浸りたかった。

気分が落ち込んでいるときは、とことん浸るのもいい。

 

だから家に帰って気が済むまで泣いてから、Netflixでいつもはあまり観ない邦画のジャンルで今の自分に寄り添ってくれる作品を探した。

感動で泣いた。

 

友達に電話したけど、出なかった。

そういう日か。

 

ハンバーグに目玉焼きをのせて、食べた。

お酒は飲まなかった。

 

明日は、金曜日だ。

金曜日の夜だけでもいいから、踊っていられればいいな。

今日はUber eatsを頼もうとしたのだけど、お店もメニューも多すぎて、めんどくさくなった。

 

自由なのだから、何を頼んだっていいのに。

「何でも選んでいいよ!」って結構、難易度高かったりする。

 

でも結局何も選べないで終わるのって、1番つまらないよな。

 

なんて思いながら、自分の足でCoCo壱にカレーを買いに行った。

 

それはそれで、また1つの選択肢だったりもする。

 

何が大事なのかは、”自分の意志で選んだかどうか”だ。

 

人生の選択肢だって、きっと同じで。

 

大きな選択って吟味しがちになってしまうけど、結局えいって飛び込んじゃう勇気が1番大事なんだと思ってる。

私の人生においては。

計画性ゼロだから。(ADHDグレーゾーン診断済)

 

「自分の個性を創っていくために、何を頑張ろうか」という議題が自分の中にずっとある。

 

「鉄は熱いうちに打て」は常に念頭に置いてあるから最初の行動まではするのだけど、それに自分の若さを注ぎ込むのってすごく勇気がいるんだよね。

 

んー私にはこれ合わないなーと思って辞めたこといくつもあるけど、辞める決断をする度に恐かった。

 

やってみた分だけ”こっちの道ではない”ってことは分かるけど、また新しい道を探さないといけなくなる。

 

それって結構、きつい。

 

でもそのキツさって、意外と未来の自分にとっては大事だったりするんだよね。

 

悩んであーでもないし、こーでもないかなんて試行錯誤してできていく自分をどうにかこうにかして可愛がっていくのが自分の仕事だったりするんだろう。

 

そうやって私ができていく。

技術とか肩書きとかそういう部分ではなく、目に見えない、基準もルールもない範囲での、自分が。

 

悩みたいのなら悩めばいいし、現状を変えたいのなら変えればいい。

シンプルに。

 

ときめきたいのなら、タフなハート持たないといけないらしい。

 

逆説的に言えば、死ぬこと以外はかすり傷なんだろう。

だから、どんなときだって、踊ってられればいいんだ。

金曜日の夜だけでもいい。

人はみんな、「弱い」という強みを持っている件。

人間は弱い。

だから人を好きになれる。

 

社会人になるまで、とにかく夜が寂しかった。

田んぼに囲まれている家で、夜に音はなかった。

 

いや、厳密には夏に蛙が必死に鳴いていたし、秋はコオロギが全力で歌っていた。

なんでそんなに必死になれるんだよ。

 

「風物詩だね~」だなんて感じる心は、未だ持ち合わせていなかった。

 

私は暑くても寒くても、浮つくような気温でも、夜はいつも寂しかった。

 

だから毎日誰かと寝落ち電話をしてた。

1人だと、ベッドに入ってから眠りに落ちるのに2、3時間はかかるから。

 

誰かに、話続けていてほしかった。

我ながら、メンヘラだなぁ。

 

でもその寂しさから作られた”人に出会いたいエネルギー”って、とてつもなかったよなとも思う。

今となっては「若い頃人見知りだった」と言うと「嘘つくな」と言われるくらいだけど、本気で人見知りだった。

中学生くらいまでは全然タイプじゃないのによく話しかけてくれる人とか、ぶつかって「ごめんね!」と言ってくれるだけでも恋しそうになるくらい、簡単に釣れる女の子だった。

 

なんだけど、私はどこかの誰かに電話が繋がる斎藤さんアプリで寝落ち相手を探しまくっていたから、いつの間にかめちゃめちゃコミュ力は上がっていた。

斎藤さんアプリで、トライアンドエラーしまくってた。

 

そのうち定型文の会話に飽きた。

「どこ住み?」

「何歳?」

「何してるの?」

 

こんな浅いアプリでそんな浅い会話して何が楽しいんだ?と思って、真面目に返さなくなった。(一般的にはそういうやつの方が怠いと思われるのだろう。くそアプリに何を求めてるのかと。)

 

 

「どこ住み?」「色んな世界に住んでる。」

「何歳?」「歳を知らない方が私のこと、もっとシンプルに知れるかもよ。」

「何してるの?」「君は今何に興味があるのかについて、知りたいと思ってた。教えて。」

 

くそアプリをなんとか面白くしようとするくらいには、時間が有り余っていたあの頃。

面倒な女だ。

そんなやりとりを少なくとも1,000回はした。

基本を身に付けると、応用ができるという事実を学んだ。

 

こんなに斎藤さんアプリを人生に持ち込んで、成長に活かした人は私が1番だと思えるくらいいやった。

私の尊敬する人たちってさ、みんなスポーツとか受験で人生の基盤築いてるの。

 

一応私も、ミニバスとソフトテニスはやっていた。あとダンス。

運動好きだけど苦手な残念なタイプだったから。

 

受験も専願受験と推薦入試だったからな。

一応国公立コースで真面目に勉強してはいたけど。

 

だから私の誇れるものってどこにもなかったんだけど、出会い厨だったことには誇りを持てる。

そうして私は自分の人生の基盤を築いた。

すごくてかっこいい人はたくさんいるんだし、こんな奴がいたって世界の幅が少し広がると思えば楽しくないか。

 

そんなことが誇れるだなんて当時は思ってはいなかったけど、大人になってそれが私なんだと腑に落ちた。

 

受験も部活も中途半端、人生中途半端だけど、人と繋がりたい意欲は人より大きかった。

そもそも中途半端がわるいだなんて世の中が決めているだけで、私の興味のあることを欲求が満たされるレベルで辞めて何がわるいのだ。

 

そう開き直れるくらいには、強くなった。

完璧ではないけどね。

 

 

大人になって、寂しい夜はなくなった。

それは、少し寂しいことのような気がしなくもない。

 

でもあの時の弱い自分、誰かにすがりついていた自分が、現在の自分を強くしてくれている。

そう思う。

 

人間は”弱い”っていう強みを持ってるんだって。

 

弱いからこそ、「栄光の架橋」で”誰にも見せない泪があった”の部分に共感して泣けるし、

仕事が辛くても一緒に頑張っている同期がいることの幸せを知れたりする。

 

弱い自分がいたからこそ、もっと強くなれたときに、もっと自分を好きになれる。

弱い自分が頑張った時間は、誰にも奪うことのできない自分だけの資本だ。

その資本で人生において事業を展開するのだから、面白くないわけがない。

 

 

そんなことを思いながら、私はまた、強くなろうとしている。

”何に向かってるんだ私!いや、瞬間を生きろよ私!”と矛盾の切なさを抱えながら走った夜の出来事

「何に向かって生きてるんですか。」

その質問が嫌味に聞こえたらしい。

 

「そういうこと言う人、おるんよな。」

「違いますよ、そういうことではなくて。素直な気持ちで聞いてるんです。なんでそんなに毎日毎日頑張れるんですか。」

 

「あーね。ごめんごめん、嫌味かと思ったわ。ダンスめちゃめちゃ頑張ってたときも”そんなにダンス頑張って、プロのダンサーにならないのにどうするの?”って聞いてくる人とかいたんよな。俺は長所をつくっていきたいんだよね。そのためには頑張ることを中途半端にするのは嫌で、全部振り切りたい。そうやって自分の幅を広げたいの。」

 

野球部のキャプテンのときはみんなに”素振り200回はしろ。”って言っていたけど、彼はバットに重りをつけて毎日500回素振りをしていたらしい。

 

そういう話を聞くと、私は泣きたくなってくる。

なんでかってことを正直に言うと、自分に頑張れない認定をしてしまっているからだ。

頭では言い訳だと理解していても、自分の小さい頃の成功体験がないという記憶が潜在意識にすり込まれている。

 

頑張れない認定をしてしまっている自分は大いにダサい。

 

わかっているからこそ、悲しくなってくる。

悲しくなるんだったらやれよ、Just do itだろと思ってまた泣きたい気持ちが大きくなる。

 

 

 

今日は仕事で疲れてベッドに倒れこんでいた。

今日は走って筋トレしたいなーと思いつつも、眠すぎて身体が動かなかった。

 

”トントントン”

「はーい?」

「もうごはん食べた?あら汁作ったけど、食べる?」

「食べる!!」と言うのと同時に身体が跳ね上がった。

しげくんは料理が好きで、たくさん作ったときはいつも私たちシェアメンバーに配給してくれる。

 

作ったごはんをくれたり、食べているものをシェアしてくれたりする人がいるのって、この世で幸せ感じる瞬間ランキング上位だよなって思う。

 

だから私はあんなに眠たかったのに、べッドから離れられた。

おいしーい幸せを飲んでいたら、”バッドに重りをつけて素振り500回していた彼”が帰ってきたから冒頭の会話になった。

だって毎日毎日どんなに忙しくても、朝早く起きて会社に行く前と帰ってきた後に勉強してるんだもん。

 

あら汁を作ってくれた20歳のしげくんも、夢に向かって必要なことを毎日勉強している。

  

人と比べてしまうのも良くないけど、これは私にとっての刺激なんだと思う。

「自分のペースでいいんだよ」と言ってくれる人もいるけど、それもわかるんだけど。

努力に関しては、甘えと自分を律することの境界線が難しい。

 

目的が”幸せを増やすこと”であるのを忘れてしまっては、意味がないから。

でも、そんなことをうじうじ考えている自分も嫌になってくるループ。

ほんとにJust do it大事。

 

重りバッド500回素振りの彼も「努力は正しい方向にしないくらいだったら、寝てる方がマシだ。」と言っている。

 

”努力は自分の幅を増やすためのツール”なんだよなって改めて認識できた日だったなー。

 

とか言ってみるけど、その会話をした後に劣等感に苛まれた私は居たたまれなくなって、ランニングをしに家を飛び出した。

 

 

きっと1人で暮らしてたらべッドからも起き上がれず、寝落ちしてしまっていたんだろうなって思うと、私の日常に出てくる登場人物は強い。

 

”何に向かってるんだ私!!いや、瞬間を生きろよ私!!”って泣きながら走ったのは、秘密にしとこ。